住宅ローン借り換え審査のチェックリスト

どうもこんばんは。住宅ローン審査に詳しい管理人です。

あなたは住宅ローンを既に組んでおられる方でしょうか?

もし住宅ローンを組んでマイホームを購入された経験をお持ちの方なら、
きっとローンへの申し込みの際に審査を受けたことがあるはずです。

もちろんのことですが、
この住宅ローンの審査は、
当然のことながら借り換えで
申し込む際にも受けなければなりません。

「前の住宅ローンでは審査に通っているし、
今回は借り換えだから大丈夫なんじゃないの?」

と思っている方は注意が必要です。

なぜならあなたの属性も推移しているし、
社会自体も推移しているし、
銀行の審査基準自体も推移しているからです。

住宅ローン借り換え審査の基準とは?

ではでは借り換えの審査基準の話に戻ります。

住宅ローンの借り換えの際には、
借り換えに申し込んだその時点の申し込み者の属性や
経済状況が新たに審査の対象となるため、
場合によっては借り換えの審査に通らないということもあり得るのです。

そんな場合は特に注意が必要です。

では、最近の住宅ローン借り換え審査では
一体全体、どのようなことが確認されるのでしょうか。

まず最初に、現時点で住宅ローンの返済能力がどのくらいあるのかということが、
チェックポイントになります。

次に、勤務先の勤続年数や会社の経営状況もチェック対象となります。

住宅ローンは長い期間返済を続けていくもの。

また特に、住宅ローンの審査では、
借り換え前のクレジットカードでのお金の借り入れ状況や
保有しているクレジットカードの枚数も審査の対象ポイントとなります。

一般的には2~3枚の保有で普段のお買い物に使用している程度なら
全く問題にはなりませんが、
クレジットカードを使って頻繁に借り入れをしていたり
返済が滞ったりしていると、
住宅ローンの返済も滞る可能性があるとして、
審査で落とされてしまう可能性もあります。

借り換え審査に申し込まれる際には、
その辺の事情にも注意して申し込みましょう。