住宅ローンの審査どう?経験者が自分の通らない理由を暴露

住宅ローンはマイホーム

夢のマイホームを建てたいと考えたときに銀行などから申請できるマイホーム購入時の融資がとても頼りになります。

しかし、銀行や信用金庫は多数ありますから、どこのを選んでよいのか迷ってしまう方も多くいらっしゃると思います。

選び方としては、自宅や職場の近くのものを選んだり不動産屋を通しても良いですし、ネットバンクなども受け付けることができます。

だけども、どの場合でも審査があり必ず合格するといった物ではありませんので、注意してください。

もしも、住宅ローンが残っている段階で離婚する事になったら払えていない分のお金を誰が払うことになるのでしょうか。

特に未成年の子供がいる家庭の場合、ローンだけでなく子供を育てる責任があるので別でお金を払う必要があります。

まずは不動産の名義人は誰なのか、契約内容もしっかりと確認し、夫と妻両方が合意できる契約を結びましょう。

少しでも負担を減らすために家を売る方法もありますが、判定してもらった金額がローンより安ければ、どちらかが残りの返済を迫られることになります。

これから先の大切な事ですのでしっかり決めて下さいね。

家を購入する際、資金調達で誰もが頼るのが住宅ローンではないでしょうか。

申し込み方法はいたって簡単で金融機関ならどこでも受付ていますしインターネットバンキングでも良いと思います。

なおかつ、お世話になる不動産に紹介される銀行等に決めるという方法もあり、自分の都合に合わせて調達できます。

申し込み後、審査が通り、実際の支払に移行した場合約10年間にわたって控除を受けることが出来ます。

こちらは会社で行われる年末調整ではできなくて支払いを開始した年の確定申告へ自分で行く必要があります。

そろそろ自分の家が欲しいと思ったとき金融機関で申し込み可能な住宅購入時の貸付が頼れます。

申請後は金融機関側の審査がありそれにパスが出来ないと次の段階には行けません。

特に重要視されがちな判断材料は年収、勤続年数、仕事内容などです。

あわせて、カードローンの使い道などもチェックされるケースが多いのでもし住宅購入を今後真剣に考えているのであれば必要最低限の使用、もしくは使用されない方法を選ぶと良いと思います。

住宅ローンを組むとなると、高価な買い物になるので0.1%でも安い金利で抑えたいという方が大半だと思います。

そこで今回は、安い価格でサービスも充実している利用しないと勿体無いオススメの銀行をお知らせします。

まずはネットでも好評のイオン銀行から見ていきましょう。

どこよりも金利の安さが他の商品を上回り、更に、イオンでの買い物をするだけでお得な特典として5%も割引されるお得な特典が付いてきます。

賞与が入った時の繰上げ返済の手数料も0円です。

もし何か問題があった時の対応も調べておくと良いですね。

近い将来、新しく家を購入していく計画を立てている方で支払うためのお金を少しでも親族に援助してもらう方は、是非、贈与税というものを理解しておきましょう。

親などから貰うお金が高額の場合にかかる税金で、例えば年間110万円を超えたお金を貰った場合、その内の一割を税金として支払うものです。

110万円以下であれば、税金はかかりません。

思いもしないところから援助を受けることもあるので、支払いを上手に済ませるためにもこうした内容も確認しましょう。

今後必要になってくる税金や手数料も確認しておくと良いですね。

住宅ローン年収400万円位上の方

夢の私邸を建てるため住宅ローンを申し込んだけど、大手企業でなくても審査に落ちた人は少なくないのが現状です。

どうしても理由が分らないという方は確認しましょう。

400万以上の年収であるかが一つの大きなポイントになります。

それから勤続年数が3年以上であるか、健康状態もみられます。

今までに納金出来なかったデータが残っている方は、審査の時点で落とされてしまう可能性が非常に高いです。

それでも納得のいかない方は問い合わせをしたり、今までのデータを全て確認してみると良いでしょう。

何事もなく借入れをするためにきちんと調べておきましょう。

住宅ローンは家を購入するときにほとんどの人がお世話になるものです。

申請方法はとても簡単で近場にある銀行や信用金庫などからでも可能ですし足を運べない。

という場合はネットバンクなども良いでしょう。

さらに、不動産屋とつながっている銀行等に任せるという方法もあり、自分の都合に合わせて調達できます。

申し込み後の審査に合格し、支払する時が来た場合約10年に渡り、国から控除が受けられます。

こちらは会社で行われる年末調整ではできなくて確定申告を自分でする形になります。

住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。

フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事です。

フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提供する特殊なローンになります。

特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。

ただ毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気の住宅ローンです。

ですが、フラット35の審査は少し違う点もありとはいえ、年収や勤続年数などはこれは、その住宅が将来価値が出るかどうか、担保として十分かどうか、という点を重視する。

という事です。

これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。

という方も多いです。

マイホームを現金一括で購入する。

という方はまず、一般的には少ないでしょう。

たいがいは、住宅ローンという借金をして購入します。

借金の支払いをするとき、何が一番大変か?という事を聞くと毎月の支払に関して大変に思う人がたくさんいます。

数年で終わるものではなく、たいてい数十年単位の支払をし続けなければいけません。

金利の上昇等も気になるところですしさらに、人生には突発的な事もあり得ますからけがや病気をするかもしれません。

ですので、リスクも考えつつ購入を考えてください。

仮に住宅ローンを返金している最中に、失業したら残ったローンをどのように返していったらいいのでしょうか。

万が一の時に備えてここで勉強しておきましょう。

一番は、慌てずに焦らず今の状況を確認しましょう。

会社側の都合で辞めることになったのか、それとも自分なのか?内容により給付金の額が大きく変わってくるためです。

職場の事由であれば、失業手当が1年間支給されるはずなので新たな職場探しをしながら、返済に充てるというのも方法です。

しかしながら、一回でも支払いが滞ってしまうと難しくなるので優先順位を考えて行動するようにしましょう。

住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。

住宅ローンは長い月日返済し続けないといけないので、審査はとても厳重に行われます。

審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。

結果は電話か口頭で伝えられます。

審査を通過しないと住宅ローンは組めません。

そして、審査が通れば本格的な契約に移ることができます。

契約時には指定された書類をすべて揃える他実印、諸費用などすべて用意しておくと良いです。

諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。

だいたい、数十万単位~数百万単位の金額が一般的の様です。