住宅ローンは審査通らない職業ってあるの?

住宅を購入したいと思ったら、まず審査を受ける必要があります。

住宅ローンは長い月日返済し続けないといけないので、審査は大変厳しく行われます。

審査結果が出るのは約1週間後です。

結果は電話もしくは口頭で伝えられます。

残念ながら審査が通らないと、住宅ローンは組めません。

見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。

契約時には指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も用意しましょう。

諸費用は借りる額によって人それぞれですが、事前に銀行側から指示されます。

だいたい、数十万単位~数百万単位の金額が一般的の様です。

住宅ローンは長年支払いをする物ですから、ローンを組もうと検討されていた方なら1度は聞いたことがあるローンの名前だと思います。

フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。

という事です。

特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。

ただ審査が少し変わっています。

一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。

フラット35だからといって、審査内容が甘い。

といった事もありません。

住宅の価値を審査される。

という点が加わります。

貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。

色々な面から審査されるそうです。

マイホームの資金調達として役立つ住宅ローン受付は、銀行や信用金庫の窓口で承っています。

ローン申請の際は、むこうから提示されるいろいろな資料を用意する必要があります。

35年という長い期間、多額の現金を貸す訳なので銀行の方も、年収・勤続年数にこだわり審査をします。

なので、申込をすれば確実に通る。

といった様な簡単なものではありません。

通過しなかったケースも多々あります。

よく見られる基準として、年収は300万以上・勤続3年以上これが最低クリアしなければいけないラインと言われています。

一つの住宅を建てるのに、様々なローンがあるのですが特につなぎ融資という方法で借入れ出来るのを知っていますか。

これは、新しい家を建てるために必要な経費が不足している場合、間に合わせるために、利用する単発的なローンです。

原則として、住宅の完成からローンが始まるようになっているので建設中の間は、そうした融資を受ける人もいます。

ただし、この融資は利息が非常に高く日割りで計算されるため取り急ぎ、本命ローンを申請する必要があります。

なので信頼できる金融機関を探す事を第一とし、後悔しない計画を立てられるように詰めていきましょう。

これから数年以内に住宅ローンを考えている方は、次のポイントを抑えておくと良いでしょう。

最初で最後の大きな買い物になるかもしれません。

それ故、利息が安いからという理由だけで決めないで下さい。

合計で、実質負担はいくらかを調べることをおすすめします。

どれだけ低金利の商品であっても手続きにかかる費用がかさむと、つまるところ、実際返済額が増えてしまう場合があるからです。

それから変動金利や固定金利のそれぞれの特徴も合わせて、今だけでなく今後の将来を考えて具体的に判断しましょう。

選択に迷った時は評判をみてみるのも一つの方法ですね。

これから住宅ローンを組む予定のある方に、ボーナス払いを視野に入れる前に注意して頂きたい事があります。

大きなお金が入った時にまとめて返す事が出来れば、毎月の返す金額が軽くなるというメリットもあります。

但し最近の会社は確実に賞与が与えられるという保証もなく、景気によって金額が変わることも有り得ます。

それもあり実際に賞与などを返済に充てているという方は、意外にも半分以下であるというデータもあります。

色々なケースを考えてまとめて返済する事も可能にしたい方は、任意返済が出来る銀行を探してもいいですね。

将来、住宅ローンの申込みを考えている方は

支払い方法としてボーナス払いを選択する前に注意が必要です。

まとまったお金が入った時に返済できれば、毎月の返す金額が軽くなるというメリットもあります。

でも今は、賞与が出ない会社も増えていますし年によって全く出ないなんて事もあるかもしれません。

実はそのような理由の為にボーナスの返済を利用している人は、予想外に全体の40%程度しかいないのです。

どうしても何かあった場合に備えないという方は、任意返済が出来る銀行を探してもいいですね。

今、住宅ローンを返済中の方も将来組む予定のある方もこの情報を知っているかどうかで10年後に得する早速、実践して頂きたい秘密の節税対策をご紹介します。

1年間で30万円ほどの節約になるかもしれないので、出来れば早めに確認しておくと安心ですね。

申込みが出来るのは新しい家を建てた人か、或いは、中古住宅を買取りされた方になります。

増改築をされた方は5年以上のローン期間が必要です。

今挙げたもの以外でも様々な決まりがあるので、しっかり確認して毎月の支払い金額を少しでも減らせるようになると良いですね。

今後マイホームを購入される方や住宅ローンを検討している方は、是非、注意して頂きたいポイントがいくつかあります。

最初で最後の大きな買い物になるかもしれません。

そのため利息や利子の安さだけでは判断しないようにしましょう。

おすすめとしては、実質返済すべき金額を見る事です。

低金利といっても、他に必要な事務手数料などがかかってしまうとつまるところ、実際返済額が増えてしまう場合があるからです。

それから変動金利や固定金利のそれぞれの特徴も合わせて、将来の負担を抑えながら総合的に判断する事をお勧め致します。

迷ったら利用者の口コミなども参考にしてみると良いですね。

きっとこれから先もこれだけ高額な買い物はないといえる、大切な住宅ローンですが何を基準に決定しましたか。

これからローンを組もうと色々探しているという方も、借り換えを希望している方もまずは口コミを参考にしましょう。

近年、注目を集めているのは新生銀行なのをご存知ですか。

何よりも金利が安いというのが人気の秘訣だと言えます。

事務手数料や保証料がいっさいかからないという点、今月中に申込みをされると特典もあります。

但し申込みをしたのにスタッフが不在だったなど不評もあります。

納得がいくまできちんと調べておくと後悔しないでしょう。

今の住宅ローンは数え切れないほど沢山の商品があり、今注目されている商品がどのような物なのか分らず、選べずにいるという方がとても多いのです。

自分では決めかねるという方は、アドバイザーに相談した上で借金をするやり方もありますがその分、費用もかかります。

利息の代金も完済するまでは払わないといけないので、相談料を支払ってまで意見を聞きたいという方は少ないようです。

最近は、仲介になってくれる方がFPを兼任している事が多くプロの意見を無料で聞く事が出来るので便利です。

まずは自分でもいくつか下調べをしてみると良いですね。

数年以内に住宅ローンを希望されている方は、手続きのために必要な諸費用を細かく調べておくと良いでしょう。

今までの口コミでもおよそ1割程度かかっているようです。

口コミなどで評判の利率の良い銀行で選んでみたけれど、保証料や契約にかかる全ての費用をトータルで計算してみたら、評判ほど安くならずに残念だったという方もいます。

ですので、予想外に必要になる経費も合わせていくらになるかこれをしっかり計算した上で比較する必要があるのです。

実例を挙げると、金利が安くても保証料が高かったり想像していなかったところでお金がかかる場合も考えられます。