住宅ローン借り換え審査のチェックリスト

どうもこんばんは。住宅ローン審査に詳しい管理人です。

あなたは住宅ローンを既に組んでおられる方でしょうか?

もし住宅ローンを組んでマイホームを購入された経験をお持ちの方なら、
きっとローンへの申し込みの際に審査を受けたことがあるはずです。

もちろんのことですが、
この住宅ローンの審査は、
当然のことながら借り換えで
申し込む際にも受けなければなりません。

「前の住宅ローンでは審査に通っているし、
今回は借り換えだから大丈夫なんじゃないの?」

と思っている方は注意が必要です。

なぜならあなたの属性も推移しているし、
社会自体も推移しているし、
銀行の審査基準自体も推移しているからです。

ではでは借り換えの審査基準の話に戻ります。

住宅ローンの借り換えの際には、
借り換えに申し込んだその時点の申し込み者の属性や
経済状況が新たに審査の対象となるため、
場合によっては借り換えの審査に通らないということもあり得るのです。

そんな場合は特に注意が必要です。

では、最近の住宅ローン借り換え審査では
一体全体、どのようなことが確認されるのでしょうか。

まず最初に、現時点で住宅ローンの返済能力がどのくらいあるのかということが、
チェックポイントになります。

次に、勤務先の勤続年数や会社の経営状況もチェック対象となります。

住宅ローンは長い期間返済を続けていくもの。

また特に、住宅ローンの審査では、
借り換え前のクレジットカードでのお金の借り入れ状況や
保有しているクレジットカードの枚数も審査の対象ポイントとなります。

一般的には2~3枚の保有で普段のお買い物に使用している程度なら
全く問題にはなりませんが、
クレジットカードを使って頻繁に借り入れをしていたり
返済が滞ったりしていると、
住宅ローンの返済も滞る可能性があるとして、
審査で落とされてしまう可能性もあります。

借り換え審査に申し込まれる際には、
その辺の事情にも注意して申し込みましょう。
住宅ローン借り換えランキング

Posted in その他 | コメントは受け付けていません。

JA住宅ローンの金利は?審査はどう?

ちょっと調べてみました。その理由は、jaの住宅ローンというのは、組合員に対しての融資という形をとっているためになります。そして、そのほか融資機関のように、全国で均一の利率という形をとっていません。その地方によってまちまち、となっています。例をとって、北大阪のja住宅ローンのとくとくプランでは、2011年10月の10年固定金利選択型では、店頭標準金利が3.30%で、店頭表示金利よりも1.65%の軽減されるので、半分の1.65%となることになります。また、この期間が終了しても、完済までは年1.0%の軽減となっています。変動金利型では、2.475%から、全期間店頭標準価格より、1.5%のマイナスとなっているので、0.975%となります。変動金利型は全期間、つまり完済し終えるまで、ということですので、大きな変動が無い限り、非常にコストパフォーマンスが良いものとなっています。住宅ローンの審査借り換え情報が気になる方必見!審査基準はこちらでチェック♪⇒住宅ローン借り換え審査

Posted in その他 | コメントは受け付けていません。

住宅ローン借り換えのメリットとは?

住宅ローン借り換えメリットについてですが、実際、多くの人がこの受託ローン借り換えを考慮するのは、それなりにメリットがあるからということを前提に、自分の置かれた状況と照らし合わせて考えてみましょう。他の人にとってメリットがたくさんあったとしても、必ずしも自分にとっても100パーセントメリットがあるとは限りません。

しかし、さまざまな要素を考えているうちに、やはり住宅ローン借り換えをしたほうがお得だという結論に至るかもしれません。住宅ローン借り換えがメリットとなるためには、今組んでいるローンよりも、次に組むローンの金利が低くなることが必要です。そうなれば、住宅ローン借り換えのメリットとなるのです。住宅ローン借り換えの際は、初めからローンを組む時と同じく、費用が発生します。ですから、借入額や返済期間などをよく考えて、メリットとなるように賢く計画しましょう。

返済の負担を軽くするために住宅ローン借り換えという手段を選んだという人は少なくありません。ですから、その当初の目的がきちんと果たされているかということを、定期的に見直してみることが必要でしょう。お金の運用は、一定の期間実行した後に絶えず振り返ってみて反省したり改善の余地がないかを考慮することが大切です。

Posted in その他 | コメントは受け付けていません。